『未来予想ゲーム』 (2012/07/21)

◎夏・劇!すばる演劇フェスティバル参加作品

劇団つつじ満開座
「未来予想ゲーム」

作・ミチノシゲノブ 演出・日比 初子

◎と き
7月21日(土) 《開場は開演の各20分前》
第1回公演 午後1時開演
第2回公演 午後3時30分開演

◎ところ
すばるホール 3階プラネタリウム室(富田林市桜ケ丘町2-8)

入場無料《要入場整理券》・全席自由

お問い合わせ/すばるホール (0721)25-0222

カテゴリー: これまでの公演 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




『未来予想ゲーム』 (2012/07/21) への14件のフィードバック

  1. kume のコメント:

    私にとってはキャストの皆さんも、代表も、舞台監督も、音響さんも、照明さんも、映像さんも皆さんがお手本です。
    皆さん凄く頼もしくて、尊敬できる方々で、この劇団に入れて本当に良かったと思っています。
    そして、公演を観に来てくださったお客様の「良かったよ!」の一言が、次の公演への原動力になっています。
    私自身はまだまだ上手く演じられませんが、なるべく足を引っ張らないように頑張っていきたいと思います。

  2. 初子 のコメント:

    いろんなアクシデントに見舞われながら、ちゃんと本番を終えられたことには、感謝しかありません。
    この公演が成功かそうでないかより、私がいつも思うのは、終わってよかったという安堵感です。それは、決して、満足度が低いからじゃないんですよ。キャストに限らず、スタッフ誰1人欠けても実現しないことを、私たちは20年以上も続けています。これはホント、すごいことなんだと、そして私たちはやっぱり守られているんだと、つくづく思う瞬間です。

    ご来場、ありがとうございました。また、温かいお言葉、ありがとうございました。
    もっともっと、皆様に喜んでいただけるように、これからも、思いついたことは何でもトライしていきますね :buhi:

  3. raruwo のコメント:

    この度はご心配おかけして申し訳ありませんでした。なんとか皆さんのお陰で2公演無事に終えることが出来ました。ツイッタ―でアドバイスをいただいたり、わざわざお見舞い持ってきて下さる方、舞台の高さを低くしていただいたり。。。。涙が出るくらい嬉しかったです。代表にもかなり心配をおかけした事と思いますが「今稽古は無理しないで治療に専念して」と言っていただきました。本番の3日前です :buhi:
    今回の芝居の中に「大事なのは、人と人が顔を合わせて向き合うこと」という台詞があります。ツールの便利さが部屋に閉じこもらず、積極的に人と関わってゆく事につながっていけばいいなあ。自分が色んな方に助けていただいたことで、そんなふうに身にしみて感じました。
    たくさんのご来場有難うございました。また頑張ります。

    • 初子 のコメント:

      何かトラブルがあったときに、自分たちの持っているいいところを出し合える仲間って、なかなかじゃないですか。忘れがちなことですが、大切なことです。そんなチャンスをくださって、ありがとうございました。
      とはいえ、私、ホントは、最後まで舞台を低くしたこと、ブチブチ言ってましたので、raruwoさんの感謝、1人引いておいてくれていいよ。

      どんどん、いい役者になっていきますね。それに、まだまだ台詞、覚えられるって、わかりましたので・・・ウフフ

      • raruwo のコメント:

        僕のギックリ腰のせいで舞台が低くなったこと本当に申し訳なく思っています :gaan:
        いつも「舞台を良くしたい」と考えておられる代表ですから、本当にがっかりされた事と思います。これからの、「もっと楽しいお芝居創り」の中で少しづつでもお返ししていけたらと考えています。がんばりますね :yhaa:

  4. kume のコメント:

    お疲れ様でした :-o
    公演前に主役がぎっくり腰になったと聞いた時は、どうなるんだろう?と思いましたが、何とか頑張ってもらって無事に終わりました :waai:
    多分、痛みを我慢して演じておられたでしょう :(
     代表も風邪で熱があっても稽古に一番に来て机や椅子を移動してくれて、喉がかすれて出ない声で演出をつけてくれたり :eee:
    明日はゆっくりして、一日も早く元気になってください。
     私自身は色々と課題をクリアできないまま終わってしまい、多々反省です。
    泣き虫なので涙は割りと早く出せると思うんですが、驚くというのがなかなか 8-O
    喜怒哀楽を上手に表現できるようにならないとダメですね :cry:
    次回公演はまだ未定との事なので、しばらく団員の皆さんともお会いできませんが、皆さんお体にお気をつけて :waai:
     

    • 初子 のコメント:

      こちらこそ、本番前に体調を崩すなんていうのは、恥ずかしいことでした。ごめんね。

      役者の基本として、模倣がありますね。「喜」はガチ袋さん、「怒」はU宮さん、「哀」は、ぎっくり腰にへこむraruwoさん、「楽」はT橋さんなんかを見本にしたらいいんじゃないかな。真似られたら、きっと演技に幅が出てきますよ :waai:

  5. 初子 のコメント:

    お疲れ様でした!
    きょうは撮影もあったし、セットを仮に組んでみるという大変な力仕事もありました。
    いつもながらの骨身を惜しまない劇団員の姿にとても感動いたしました。
    おかげさまで、立派なセットがプラネタリウムに登場することになりそうです。
    撮影も、I佐見さんにおんぶに抱っこ状態で順調に進みました。感謝です。
    21日、プラネタリウムが超立派な劇場になります。皆様、どうぞご期待くださいね!
    (あの高い舞台から客席を眺めてから、テンション上がりっぱなしの私で~す)

    • raruwo のコメント:

      いやー舞台セットの仮組みに、当然 :buhi: 奮い立つというかすっかりガクガクブルブルとなりましたww
      がんばらネバネバ! :yhaa:

  6. 初子 のコメント:

    コンピュータやゲームが心の発達にいいのか悪いのか、そんなことを論じるゆとりもないまま、すっかり浸透してしまっているのが現状です。
    今回のお芝居では、そのことがいいか悪いかなんてことではなく、物事にはいろんな考え方があるんだということ、いい方向に向かわせるのも、悪い方向に向いてしまうのも、やっぱり人自身なんだということをわかってもらえればと思っております。なあんて、何だか難しいお芝居だと思わないでくださいね。つつじですから、そこは楽しいお芝居に仕上げておりま~~~す。乞うご期待!!!

  7. 初子 のコメント:

    「最近、ネトゲにはまってしまって、破綻している人が増えているらしいね……」何気ない会話から、我が作者ミチノ氏が脚本に起こした、今回の作品。
    思った以上の深い内容に、最初の本読みでは、一同「ホオ~~~」と、何やら静かな感動が生まれました。
    今回は、プラネタリウムの舞台を増設して、前回よりも、もっと迫力あるものにしたいと考えております。
    どうか、皆様、ご来場くださいね。

  8. のコメント:

    1日2公演、しかも間隔が短い :kyaa:
    残念ながらお手伝いにすらいけませんが、時々稽古場に乱入しては楽しませていただこうと・・・。
    頑張って下さい :hare:

    • 初子 のコメント:

      乱入大歓迎です。
      いつものようにキャストが揃うことなく稽古は進んでいます。
      代役、心からお待ちしております。